すべて
専門医インタビュー
治療体験談
歯のコラム
インタビュー
2018-02-08
質問:「あなたの口の状態ではインプラント治療できない」と言われました。
日本歯科情報センター 松井メディア運営事務局

Q&Aコーナーへの質問に対し、
福岡県博多区のインプラント専門クリニック

医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック


所属の看護師の林田京子さんより
回答のご協力をいただきました。

Q&Aはこちら


質問:匿名希望 様 (55歳/女性)
長年歯科医院に通っています。かかりつけの歯科医院で
インプラント治療を相談したのですが
「あなたの口の状態ではできない」と言われ、入れ歯を勧められました。
もうあきらめるしか無いのでしょうか?




医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック
看護師 林田 京子さん 


回答:

私が所属しているクリニックにも、同じお悩みでご相談に来られる方が多いです。
しかしきちんと問診をしていくと、行うべき検査が行われていなかったり、
検査を行う設備を持っていなかったりする場合が多いです。

検査内容としては

1. パノラマレントゲン
2. CT撮影
3. 必要時デンタルレントゲン
4. 歯周ポケット測定


などが一般的に行われます。
患者様のお口の状態によって追加検査は必要になるでしょう。

その他には、担当医師の経験値不足などでインプラント治療が
出来ないと診断された場合も多いですね。

インプラント治療はもの凄いスピードで進化を続けていて
専門医院の私たちでさえも勉強の連続です。
それだけでなく、あらゆる症状の患者さまに合わせて
治療を行い、集積されてきた経験値も必要です。

ご相談者さまは、かかりつけの歯科医院で検査をされたようですが
インプラント治療をご希望であるならば、あきらめずに一度、
専門のクリニックで検査だけでも行われてみられることをお勧めします。

クリニックや医師によっては、治療の可能性は見つかると思いますよ。



歯のコラム2019-02-18
虫歯が疼いて、歯肉や顎まで腫れてしまった!放置しておくと、とんでもないことに・・・。

なぜ虫歯で歯肉や顎が腫れるの?

虫歯ができると歯肉や顎が腫れてしまう理由は、虫歯菌が歯の根や
顎の骨にまで広がっていくことにあります。

虫歯は、菌が歯の表面を溶かしながら進行しますが、これが進んで
歯の奥にある歯髄(神経や血管が入っている場所)まで到達すると
炎症が起こります。

ほとんどの方は、歯が痛み出してから虫歯に気がつきますが、軽い
症状だろうと自己判断で放置をすると、さらに奥の方まで菌が侵食
してしまうかもしれません。

また、虫歯の侵食が原因で下記のような病気を引き起こしてしまう
場合もあるようです。



歯槽膿瘍(しそうのうろう)
歯槽膿瘍は、歯茎に膿が溜まった状態です。
白血球や菌の残骸、組織の壊死した物質などが溜まり、ピンポン玉の
ように膨れ上がります。歯肉にできたものを歯槽膿瘍と言い、他にも
頬部膿瘍、口底膿瘍、顎下膿瘍などがあり、膿瘍が現れる個所で呼び
方が変わります。


根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)
根尖性歯周炎とは、歯の根元に菌が増殖し、炎症が起きる病気です。
歯髄に菌の浸食が進み、歯髄が死んでしまうと、ほとんどの方は痛み
がいったん治まりますが、菌はそのまま浸食を続けています。
歯の根元には神経や血管の通り道となる小さな孔(根尖孔)があり、
この部分に菌が浸食することで炎症が起き膿が溜まるようになります。
この頃には、激しい痛みと歯茎や顎の腫れがみられるようになります。



顎骨炎(がっこつえん)
顎骨炎は、根尖性歯周炎が局所的な炎症だったものに対し、その奥の
歯槽骨まで炎症が広がった状態です。顎骨炎まで進行すると、局所的
な膿瘍ではなく、患部が赤く腫れあがったり、発熱などの全身に渡る
症状が現れるあります。


蜂窩織炎(ほうかしきえん)
蜂窩織炎とは、顎骨の炎症が進行し、口底や顎下、頸部にまで炎症が
広がった状態です。顎の下や頬の部分が大きく腫れあがり、嚥下困難
や呼吸困難などを引き起こすおそれがあります。


腫れてしまった時の対処法

歯肉が腫れてしまった時は、患部を冷やすことで多少は和らげること
は期待できますが、腫れと痛みの原因は取り除けません。

早めの歯科検診を受けましょう。
早い段階で治療を開始することができれば治療期間も短く、比較的に
治療費も安く済むというメリットもあります。きっかけは小さな虫歯
からです。

早期発見のためにも、定期的な歯科検診を受けるのがおすすめです。

資料参考:ロイテリ菌研究所さま

歯のコラム2019-02-18
歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

2月17日のウェブニュースにて

歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

という記事が紹介されました。

歯周病が関わる体の病気は数知れず、生活習慣病や三大疾病などの大病にも何かしらの影響があるとされて、全身の病気に関係すると言われてきました。

それが、近年より明確になる科学的根拠が発見されたということで話題になっています。

歯周病が臓器に悪影響を及ぼす原因は、歯周病に蝕まれて口腔内の機能が落ちることで、栄養の吸収率に影響が出てきて最終的に臓器の病気へと繋がるというものと、歯周病菌が食べ物と一緒に体内に入り込むことで、ガンなどの内臓疾患のリスクが高くなります。

近年では、アルツハイマーの原因にもなっているという説も出てきていて、歯周病は決して侮れない恐ろしい病気の一つとして認知されつつあります。

歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどなく、発見が遅れがちです。日々のデンタルケアはもちろん、定期検診も一年に数回は行くようにすることをお勧めします。

記事はこちらから

歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

記事提供元:日刊ゲンダイDIGITALさま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-15
福岡県北九州市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】2月16日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

福岡県北九州市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】 
2月16日(土)歯のお悩み[無料]インプラント
赤煉瓦交流会館 1F 会議室A

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、福岡県北九州市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:2月16日(土)
時間:14:00〜
場所:赤煉瓦交流会館 1F 会議室A

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-15
歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?〈週刊朝日〉

2月11日のウェブニュースにて

歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?

という記事が紹介されました。

歯周病が恐ろしい病気の引き金になりうるということは、最近一般的にも知られてきています。特に糖尿病は多く、歯周病専門医の間でも、ひどい歯周病患者はまず糖尿病を疑ってみるということが常識になっているとも言います。

ほかにも、狭心症、心筋梗塞、関節リウマチ、早産なども歯周病が原因で起こる可能性が指摘されています。

こちらの記事では、これらの病気と歯周病の関係性や、簡単な歯周病チェックシートなども紹介されているので、ぜひ参考にしてみられて下さい。

記事はこちらから

歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?〈週刊朝日〉

記事提供元:AERA dot. さま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-14
大分県日田市周辺にお住まいの皆さまへ【本日開催】2月15日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

大分県日田市周辺にお住まいの皆さまへ

【本日開催】 
2月15日(金)歯のお悩み[無料]インプラント
日田市民文化会館 パトリア日田 1F 創作室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、大分県日田市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:2月15日(金)
時間:14:00〜
場所:日田市民文化会館 パトリア日田 1F 創作室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

インタビュー
2018-02-15
検査のときに質問した方が良いことってあるのでしょうか?
日本歯科情報センター 松井メディア運営事務局

Q&Aコーナーへの質問に対し、
福岡県博多区のインプラント専門クリニック

医療法人メディカルライフクオリティワンデイスマイルインプラントクリニック
所属の看護師の林田京子さんより
回答のご協力をいただきました。

Q&Aはこちら

質問:歯医者選び中 様(61歳/女性)
インプラント治療を検討していて、
専門のクリニックに行って検査を受けようと思っています。
検査のときに、こちらから質問した方が良いことはありますか?
インプラントは一生に一度きりだと思ってますので
慎重に医院を選びたいと思っています。


医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック
看護師 林田 京子さん


回答:

検査のときに質問することはとても良いことだと思います。
どのような治療を行うのか患者さまはきちんと知っておくべきですし、
そうすることで安心感も変わってきますよね。

質問の内容ですが、今回は私が普段、カウンセリング時に
患者さまにお伝えしていることを書きます。
逆にこれを質問していただけたら良いと思います。

●検査の時に質問すること

1. 骨の状態は?(厚み、幅、骨レベルなど)
2. 歯肉の状態 (抜歯した後の歯肉が萎縮していて先々物詰まりの原因にならないか?)
3. 抜歯してインプラントを行う場所の相手側の歯は大丈夫か?
4. 何ヶ月くらいで歯は入りそうか?


加えて言うなら、治療の術式は?…と言いたいところですが、
これはかなり専門的ですので、歯科医師によっては
踏み込んで欲しくない領域かもしれません。
いずれにしても、なんでも質問できるお話ししやすい先生が良いですね。

ただ、先生方は日々の診療で慌ただしくされているので、
細かい質問は歯科衛生士さんや受付の方にされた方が良いかもしれません。 
そのお答え次第で、先生のスタッフ教育レベルも把握できると思います。

質問者さまの治療の成功をお祈りしています。


インタビュー2018-02-08
質問:「あなたの口の状態ではインプラント治療できない」と言われました。

Q&Aコーナーへの質問に対し、
福岡県博多区のインプラント専門クリニック

医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック


所属の看護師の林田京子さんより
回答のご協力をいただきました。

Q&Aはこちら


質問:匿名希望 様 (55歳/女性)
長年歯科医院に通っています。かかりつけの歯科医院で
インプラント治療を相談したのですが
「あなたの口の状態ではできない」と言われ、入れ歯を勧められました。
もうあきらめるしか無いのでしょうか?




医療法人メディカルライフクオリティ
ワンデイスマイルインプラントクリニック
看護師 林田 京子さん 


回答:

私が所属しているクリニックにも、同じお悩みでご相談に来られる方が多いです。
しかしきちんと問診をしていくと、行うべき検査が行われていなかったり、
検査を行う設備を持っていなかったりする場合が多いです。

検査内容としては

1. パノラマレントゲン
2. CT撮影
3. 必要時デンタルレントゲン
4. 歯周ポケット測定


などが一般的に行われます。
患者様のお口の状態によって追加検査は必要になるでしょう。

その他には、担当医師の経験値不足などでインプラント治療が
出来ないと診断された場合も多いですね。

インプラント治療はもの凄いスピードで進化を続けていて
専門医院の私たちでさえも勉強の連続です。
それだけでなく、あらゆる症状の患者さまに合わせて
治療を行い、集積されてきた経験値も必要です。

ご相談者さまは、かかりつけの歯科医院で検査をされたようですが
インプラント治療をご希望であるならば、あきらめずに一度、
専門のクリニックで検査だけでも行われてみられることをお勧めします。

クリニックや医師によっては、治療の可能性は見つかると思いますよ。



体験談
2018-02-01
「歯の悩み」から「歯槽膿漏」まで、一度に改善されたんです
山下さま50代/福岡県在住


山下さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

私は歯医者が大嫌いで、もう何十年も行っていないんです。
もう虫歯があるのも放ったらかしで。私は痛みには強いほうで、痛い時には痛み止めを飲んだり、腫れていると思ったら抗生物質を飲んだりして紛らわせていました。

 「※歯槽膿漏」だとはわかっていましたが、歯医者に行くのがどうしても嫌だったものですから放ったらかし。
それで最初の一本目、上の奥歯が抜けたのが10年ほど前だったでしょうか。
抜けてもちゃんとした歯医者さんにも行かず、自己判断でそのままだったんです。
その後、何とかしなくては…と思い、地元の歯医者さんに一度だけ行ってみたのですが、これがまた時間がかかるんです。
それに、「あまり要らないことはしなくていい」という判断で…。
だからすぐ通わなくなってしまいました。これが大間違いでしたね。

それからは腫れや痛みを繰り返したあと次々と抜けていって…最終的には残りの歯もほとんどグラグラという状態までなってしまいました。

その時はもう食べれるものを食べているという感覚でしたね。
見た目も酷いもので、もちろん人前で口を開けて笑うなんてできませんでしたね。

何とかしないと…とは思い続けていたのですが、私は素人なりに「歯の前に歯槽膿漏を治さなくてはならないのだろう」と思っていました。

そんなときに「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」のことを知ったんです。「もういい加減なんとかしなくちゃ…」とは思っていましたから、無料で参加できるらしく、近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。これが人生を左右しました。


食べたいものも食べられず、人前で笑うことさえできない毎日。
そんな日々から解放された山口さんの人生は一転!
ヨガやカラオケ、趣味を満喫できる楽しい生活を取り戻したのだそうです。



相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?

ええ、もう大大大正解です!

行く前は無理に高額なインプラントを勧められたりするのかと心配でしたが全くそんな心配はありませんでした。
丁寧なご説明をしていただいて、歯周病や歯槽膿漏の原因や改善方法、入れ歯やインプラントの詳しい説明などを和気あいあいと勉強できました。

行って良かったと思える一番の理由は、インプラント治療で歯槽膿漏まで一度に改善できる場合があることを知ったことですね。

私の場合はもう上下とも何本も歯が抜けていて、残りも歯槽膿漏でグラグラしていましたから、いずれ抜けてしまうことが目に見えてました。
ですから全部抜歯してのインプラントを検討することにしたんです。

相談会では金額についても詳しく知ることができたので助かりました。
昔は高額な印象のあったインプラント治療ですが、現代の最先端技術でずいぶんと安価になっている医院もあるとのこと。
「これなら私にも手が届きそう」と思いましたね。


その後、どのように治療されたのですか?

まずは私の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただいき、検査のもと、最適な治療プランを立てていただきました。

治療はもう、あっと言う間でしたね。朝、クリニックさんに行って当日の健康状態の確認、事前の検査で既にしっかりと施術の計画が立てられていたのでそのまますぐ手術。私の場合は2時間ほどでした。痛みも全然なく、終始リラックスした雰囲気で翌日にはもう歯が入って感動しました。

現在はどのようにお過ごしですか?

もう、毎日が楽しくて(笑)
どんな堅いものでもしっかり噛んで食べられます。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。何にでも前向きになれて、ヨガやカラオケも始めました。
周りの人たちや娘からは、「凄く若返った」や「別人みたい」と言われるようになりました(笑)

まるで自分の人生が戻ってきたみたいですよ。
あの時、決断した自分を褒めてあげたいくらいです。
日本歯科情報センターさんに本当に感謝しています。
ありがとうございました!

体験談2018-01-09
たった1日ですよ。あんなに悩んだのが馬鹿みたいです

谷山さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

ええ、もうこれはもう言い訳ができないですね。「不摂生」のひと言です。歯磨きなどをちゃんとしなかった。最初は前歯でした。虫歯の痛みはあったんですけど、頭痛薬とかを飲んだら収まる程度の痛みだったんで  歯医者に行くなんてことはしなかったんです。
これがいけなかったんでしょうね。あまり深く考えずに放っておいた結果、気がついたときには虫歯の周囲が「歯槽膿漏」になっていました。それでだんだんグラグラしてきたんです。だけど結局、歯医者には行かなかったんですね。

今思うとね、その時にすぐ行っていれば良かったかも知れませんね。それで、ついに最初の1本が抜けたんです。もうだめだったんでしょう、痛みも感じませんでした。しかし、前歯だったんで鏡を見てショックでしたね。見た目がずいぶん変わるでしょう?仕事でも参りましたよ。それからはもうだんだんと抜けて行ってね。  上が3本、下が1本ということろまでいってしまいました。 入れ歯とか差し歯をしていなかったんでみっともなかったですね。

それでも何とか食べられるものを食べてたんだけど、ついに残った上の3本がグラグラし出して。いよいよこれはもう駄目だと思ってインプラントを検討することにしたんです。ちょうどそんなときに「日本歯科情報センター」さんの「歯に関する相談会」のことを知ったんですよ。

最初は正直、気が進みませんでしたが、私の口の中はもう、背に腹代えられないところまで来ていましたから(苦笑)。
無料で参加できるらしく、近くで開催されるということもあり思い切って話を聴きに行ってみることにしたんです。

「歯があるのと無いのでは口を閉じていても顔立ちがぜんぜん
違いますね。」インプラント前の免許証を笑いながら見せる谷山さん。
「噛めるようになって消化が良いのか体調もかなり良くなりましたね。」
(ご本人談)


参加してみてどうでしたか?

「良かった」の一言ですよ。今までインプラントについては自分でも色々な情報を集めて調べてはいたんですよ。しかし、実際に説明会に参加して聴くのとは大違いでした。

歯周病や歯槽膿漏の原因や改善方法、入れ歯やインプラントの詳しい説明やその違いなどを詳しく教えて頂けました。
無料の説明会なので何か勧められたりするのかと疑いましたが全くそんな心配はありませんでしたよ。

いちばん大きな収穫は、インプラント治療で歯槽膿漏もまとめて一度に改善できる場合があることを知ったことです。私の場合はもう上下合わせて、4本しか残っておらず、残りも歯槽膿漏でグラグラ。どうせ抜けるのが目に見えてました。ですから全部抜歯してのインプラントを検討することにしたんです。
インプラント治療は高いイメージがありましたが、今は医療技術の進歩でずいぶんと安価になっている医院もあるのだそう。金額の「仕組み」についても詳しく知ることができたのも大きな収穫でした。


噛めるようになり顎の筋肉が発達したことで、お顔全体が若返った
印象の谷山さん。見た目だけでなく、お元気さも
手術前のインタビュー
とはまるで別人のようでした。



その後、どのように治療されたのですか?

自宅に帰り、しばらくは悩みましたが、ついに決意して日本歯科情報センターさんに電話で相談し、私の口の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただきました。そこで検査してもらい、私に最適な治療プランを立ててもらいました。自分ではどこの医院が自分に合っているのかわからなかったんで助かりました。

手術当日はまさか本当に翌日に歯が入るなんて信じられませんでしたよ!痛みも全然なく、いつも通りの1日を過ごし、その翌日にはもう歯が入っていました。餅は餅屋と言いますが、専門の医院で入念にプランを練っていただき、経験豊富で腕の良い先生に担当していただいたので不安もなく、アフターケアもしっかりしていただけました。


現在はどのようにお過ごしですか?

生まれ変わったようです(笑)どんな堅いものでもしっかり噛んで食べられます。歯槽膿漏もなくなり、歯茎が腫れることも無くなりました。周りの人の見る目が全然違いますよ(笑)。あんなに悩んだのが馬鹿みたいです。日本歯科情報センターの皆さん、本当に有難うございました。

体験談2018-01-05
夫婦二人で、噛める日々を取り戻しました

園山さんは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

【園山さん】

私は若いころから歯槽膿漏でした。他の方がどうかはわかりませんが、私の場合は歯茎が腫れだすと熱が出て、寝込んでしまうほど酷かったんですよ。どこか一箇所が腫れると全体が腫れだして、それが1週間ほど続くんです。

最初は上の歯が悪かったのですが、なんというか…伝染するような感じで次第に下の歯も歯槽膿漏になってしまいました。すると、合わせて虫歯もどんどん増えていったんです。
そうしているうちに、最初に奥歯を失ってしまいました。当然、固いものが噛めなくなってしまいましたので、「ブリッジ」にすることになったのです。

これがすべての「悪循環」の始まりでしたね。ブリッジにして数年後、支柱にしている両側の歯がグラグラし出して抜け、またブリッジ。そしてその支柱の両側がまたグラグラし出して抜け、今度は「部分入れ歯」…。

それを繰り返しながら次々と歯を失い、最終的には上3本、下1本になってしまいました。歯槽膿漏と虫歯も治っておらず、当時の私の口の中は、これ以上は無いと言っていいほどに最悪の状態だったんです。当然、食事をしても味もわからんですし、人と会うとなると口臭が気になる。もう毎日、歯のことが辛くて辛くてたまりませんでした。

最初に日本歯科情報センターに電話してから、約1年ほど
迷われたという園山さん夫妻。「あの悩んだ1年、もっと早く
決断していれば…」と、笑顔で語る旦那様。


奥さまは、どのような経緯で歯を失われたのでしょうか?

【園山さん(奥様)※以下奥様】


私も主人と同じですね、歯槽膿漏がひどい状態でした。上の歯がほとんど歯槽膿漏だったんです。
私の場合は最初に前歯を失いました。ですが、主人が治療するのを見ていて、どんどん歯を失って行くもんですからどうも乗り気になれなくて、前歯が抜けた状態でずっと生活していました。
私も女性ですから、やっぱり恥ずかしかったですね。人と会うたびに「見られてるんじゃないか、影で笑われているんじゃないか」と、気になりましたね。


治療のほうはそれからどうされたのですか?

【園山さん】

私の場合は20年以上昔から歯の悩みがついてまわっておりましたのでインプラントのことは知っていました。そしてもうインプラント以外に選択肢の無かった私は、当然インプラントを検討しましたが、田舎の方に住んでいるもので情報も少なく、いろいろと医院を探しましたが、結局どこでやったらいいかわからなかったのです。

【奥様】

当時夫婦で通っていた歯医者さんからは、「インプラントは事故を起こす医院もあるから気をつけたほうが良い」と言われました。
ですから怖くて、なかなか治療に踏み切れなかったんです。そんな時に新聞で見たのが「日本歯科情報センター」さんだったんですよ。
私たちのような歯の悩みを持つ人たちに歯科医療情報を無料で提供していて、適切な医院選びの手助けをされておられるとのこと。26 年の歴史もある機関みたいなので、ここなら良い医院を教えてくれるかもしれない!と思い、電話することにしたんです。


電話した感想はいかがでしたか?

【奥様】

丁寧だし親切で本当に有難かったです。しかも、新しく知ることばかりで勉強になりました!インプラントというものは医師の免許を持っている人なら誰でも施術できるらしく、担当する医師の技量によって仕上がりに相当の差が出るとのことなんですね。
確かに考えてみれば、年に1~2件インプラント手術をする歯医者さんと、毎日毎日何人もインプラントをする専門医さんとでは当たり前に技量が違いますよね。そういう観点から、医院の紹介をしているそうなのです。
さらに、医院の選び方だけでなく、「現代の最先端のインプラント」についていろいろと伺うことができたんです。


それはどのようなものだったのでしょうか?

【奥様】

なんでも、現代の最先端のインプラントは、顎の骨の負担を最小限にするために、1本のインプラントで数本の歯を固定するんだそうです。本数が少なくなるから当然今までのインプラントよりもずいぶんと安くできるのだそう。
さらに現代では、インプラントの材質そのものも大幅に工夫されているらしく、10 年前に比べてかなり安くインプランラント治療ができるしっかりとした専門医院もあるみたいなのです。しかも信じられないことに、たったの1日~2日で治療が完了するとのこと。まさかこれが本当なら、医院が自宅の近くでなくとも治療を受けることができます。

ですが、これだけ好都合ばかりだと、逆に疑ってしまうものです。半信半疑だった私に、日本歯科情報センターの方がとても良い情報を教えてくださったんです。

日本歯科情報センターは、この事実をより多くの人々に知ってもらうために九州各地で「歯に関する相談会」をやっているとのこと。良かったら来ませんか?とのことでした。参加費も一切無料だし、実際に自分の目で真実を確かめられると思い、夫婦で参加してみたんです。

「説明会でインプラント治療の金額についても詳しく知る
ことが出来たお陰で私までインプラントできました。」
歯槽膿漏も改善し、口元に自信が持てたとのこと。


相談会に参加してみていかがでしたか?

【園山さん】

図を見ながら説明が聞けましたし、最先端のインプラントや金額の仕組みについても詳しく知ることができ、とても安心できました。
なんせインプラントは高額ですし、その他初めてのことばかりで心配も多かったのですが、最初に説明会に参加して詳しく聞いたことで気持ちがずっと楽になれて、治療にも前向きになれました。
特に金額の説明は分かりやすかったです。この説明会に参加していなければ、たとえ先々インプラント治療を受けていたとしてももっと高額な費用や時間を費やしていたかもわかりませんし、その際の安全性や高額な治療費を想像するとゾッとしますね。


その後、どのように治療されたのですか?

【園山さん】

まずは私から、紹介していただいたインプラント専門クリニックで検査を受け、治療プランなどを相談しました。ご紹介いただいたクリニックもとても丁寧に対応してくれて、治療プランの提案もスムーズ。
やはり、インプラント専門のクリニックは普通の歯医者さんとは全然違うと感じましたね。手馴れていたし一つ一つがとても丁寧で、安心できました。
事前の検査をもとにしっかりと計画が練られていたようで、手術も2時間ほどで終わりました。局部麻酔だったので、その日も特になんの不自由もなく、次の日には歯を取り付けてもらえました。私の口に合わせてきっちり調整されているからか思ったより早く馴染んで、本当の歯を取り戻したようです。


仕上がりには満足されていますか?

【園山さん】

その後の経過も良好で、治療の質の良さと確かさをしっかりと自分の身を持って実感できましたので、家内にも勧めました。何より、同じ悩みを持っていた妻にもこの素晴らしさを実感して欲しかったですし、二人でこれから人目を機にすることなく、たくさん笑って、美味しいものをたくさん食べられる生活を想像するだけで、進めずには入られませんでしたよ。

【奥さま】

ええ、主人が「歯を綺麗にしたらもっと美人になれるよ」と薦めてくれたんです(笑)。家族からの応援というものは嬉しかったですね。今は私も同じクリニックで治療を受けましたが、主人から事前に色々と聞くことができましたし、不安もほとんどありませんでした。

仕上がりも本当に大満足。今では、夫婦共に食事を楽しんでいます。


体験談2016-10-01
糖尿病になってから 歯がどんどん悪くなってね。 まさか、たったの一日で 解決するなんて!

原田さんは、どのような経緯で
歯を失われたのでしょうか?

70歳を過ぎて歯医者にかかりだしました。
最初は虫歯で奥歯が抜けてブリッジにしました。
しばらくは良かったんですが、2~3年で削った歯(両側の支柱となる歯)が
グラグラしてきてね。駄目になったんです。
それで地元の歯医者で(ブリッジを)やりかえました。
するとその両側もまた悪くなって、またやりかえての繰り返しです。

10年くらい前から糖尿病になってしまって、それからが早かったですね。
毎月通う病院で先生から「よく噛んで食べなさい」と言われるんですが、
しかし歯が悪くてよく噛むことができないんですよ。
どんどん噛めなくなるわ、痛いわで毎日イライラしてました。

歯のことは私ら素人にはわかりませんから
歯医者の先生に任せるしかないもんでね。
言われるがまま治療を進めてきたんですが、
じわじわとだけど確実に歯が無くなっていったんですよ。


結局下は1~2本、更にそれに被せ物(ブリッジ)になってしまってね、
上もほとんど入れ歯です。情けないですね、
総入れ歯も時間の問題だと感じておったんですよ。

入れ歯は面倒でね。
ご飯食べてもお菓子食べても果物食べても歯茎と入れ歯の間に詰まって、
食べたあとすぐに(入れ歯を)洗わないといけないのが苦痛でした。
外で食事したときに茶碗で洗うわけにもいかないから外出もしづらいしね。

それに噛めなくてね。少しでも硬いもの食べたら歯茎が痛くなるもんで
毎週金曜日には近くの歯医者で痛み止めを打ってもらってました。

しょっちゅう悪くなるわ、痛いのがストレスだわ、、
食べることが生き甲斐なのに食事がおっくうでした。
ちょうどそんなときに「日本歯科情報センター」さんの
「歯に関する相談会」のことを知って行ってみたんですよ。

噛めるようになってお顔だちも変わり、まるで別人のよう。
治療の仕上がりに大満足の原田さまは、感動のあまり、
なんと13枚綴りのお手紙まで書いてくださいました。




相談会に参加されてみていかがでしたでしょうか?

評判は聴いておったんですが「大満足」でしたよ。
(口の中が)こんな状態だから、いずれは総入れ歯やらインプラントに
なるだろうと思って、長年自分でも色々調べてはいたんですよ。

ですが、実際に説明会に参加して聴いてみると、
普通の人じゃなかなか知ることができんであろう、
ありとあらゆる情報を詳しく教えて頂けました。
入れ歯とインプラントの違いだけじゃなく、
それぞれの利点や弱点まで
詳しく教えていただいて勉強になりましたよ。

一切無料の説明会だったので、何か変な治療やらを勧められたりするのかと
疑いましたが全くそんな心配はありませんでしたよ。

特に良かったのが、インプラント治療で
歯周病も同時に改善できる場合があることを知れたことです。
私の場合は歯がほとんど残ってなくて、残りも歯周病でグラグラしておったし、
どうせ総入れ歯を覚悟してましたので、それなら全部抜歯しての
インプラントを検討することにしたんです。

インプラント治療は高くて手が出ないイメージだったんですが、
医院によっては安価で可能な医院もあると聞いて。
私の口の状況に合ったインプラント専門クリニックを紹介していただきました。
私は歯周病だけでなく糖尿病もありましたので
医院選びには困っていたんで、助かりましたよ。

その後、どのように
治療されたのですか?

私の場合は3時間ほどの手術でしたが、痛みもなく、
リラックスした雰囲気で、あっという間でした。

事前の検査で私専用の治療プランをしっかり説明していただいていたので
心配こそしておりませんでしたが、まさか本当に翌日に歯が入るなんて、
その瞬間までは信じておりませんでしたよ(笑)。
念願の歯が戻ってきたときには思わず感動しましたね!

たった1日で、あまりの変化に奥さまや周りの方も驚かれたそうです。



現在はどのように
お過ごしですか?

なんとかしたいというのが念願でしたから本当に幸せです。
女房が食事を作ってくれる食事がこんなに美味しいなんてね。

相談会に参加してから人生が大きく変わりました。
これからは食事と人生を、めいっぱい心から楽しみますよ!

原さま、有難うございました!
今後末永いご健勝をお祈りしております。

歯のコラム
2019-02-18
虫歯が疼いて、歯肉や顎まで腫れてしまった!放置しておくと、とんでもないことに・・・。
九州事務局 安見

なぜ虫歯で歯肉や顎が腫れるの?

虫歯ができると歯肉や顎が腫れてしまう理由は、虫歯菌が歯の根や
顎の骨にまで広がっていくことにあります。

虫歯は、菌が歯の表面を溶かしながら進行しますが、これが進んで
歯の奥にある歯髄(神経や血管が入っている場所)まで到達すると
炎症が起こります。

ほとんどの方は、歯が痛み出してから虫歯に気がつきますが、軽い
症状だろうと自己判断で放置をすると、さらに奥の方まで菌が侵食
してしまうかもしれません。

また、虫歯の侵食が原因で下記のような病気を引き起こしてしまう
場合もあるようです。



歯槽膿瘍(しそうのうろう)
歯槽膿瘍は、歯茎に膿が溜まった状態です。
白血球や菌の残骸、組織の壊死した物質などが溜まり、ピンポン玉の
ように膨れ上がります。歯肉にできたものを歯槽膿瘍と言い、他にも
頬部膿瘍、口底膿瘍、顎下膿瘍などがあり、膿瘍が現れる個所で呼び
方が変わります。


根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)
根尖性歯周炎とは、歯の根元に菌が増殖し、炎症が起きる病気です。
歯髄に菌の浸食が進み、歯髄が死んでしまうと、ほとんどの方は痛み
がいったん治まりますが、菌はそのまま浸食を続けています。
歯の根元には神経や血管の通り道となる小さな孔(根尖孔)があり、
この部分に菌が浸食することで炎症が起き膿が溜まるようになります。
この頃には、激しい痛みと歯茎や顎の腫れがみられるようになります。



顎骨炎(がっこつえん)
顎骨炎は、根尖性歯周炎が局所的な炎症だったものに対し、その奥の
歯槽骨まで炎症が広がった状態です。顎骨炎まで進行すると、局所的
な膿瘍ではなく、患部が赤く腫れあがったり、発熱などの全身に渡る
症状が現れるあります。


蜂窩織炎(ほうかしきえん)
蜂窩織炎とは、顎骨の炎症が進行し、口底や顎下、頸部にまで炎症が
広がった状態です。顎の下や頬の部分が大きく腫れあがり、嚥下困難
や呼吸困難などを引き起こすおそれがあります。


腫れてしまった時の対処法

歯肉が腫れてしまった時は、患部を冷やすことで多少は和らげること
は期待できますが、腫れと痛みの原因は取り除けません。

早めの歯科検診を受けましょう。
早い段階で治療を開始することができれば治療期間も短く、比較的に
治療費も安く済むというメリットもあります。きっかけは小さな虫歯
からです。

早期発見のためにも、定期的な歯科検診を受けるのがおすすめです。

資料参考:ロイテリ菌研究所さま

歯のコラム2019-02-18
歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

2月17日のウェブニュースにて

歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

という記事が紹介されました。

歯周病が関わる体の病気は数知れず、生活習慣病や三大疾病などの大病にも何かしらの影響があるとされて、全身の病気に関係すると言われてきました。

それが、近年より明確になる科学的根拠が発見されたということで話題になっています。

歯周病が臓器に悪影響を及ぼす原因は、歯周病に蝕まれて口腔内の機能が落ちることで、栄養の吸収率に影響が出てきて最終的に臓器の病気へと繋がるというものと、歯周病菌が食べ物と一緒に体内に入り込むことで、ガンなどの内臓疾患のリスクが高くなります。

近年では、アルツハイマーの原因にもなっているという説も出てきていて、歯周病は決して侮れない恐ろしい病気の一つとして認知されつつあります。

歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどなく、発見が遅れがちです。日々のデンタルケアはもちろん、定期検診も一年に数回は行くようにすることをお勧めします。

記事はこちらから

歯周病を放置する恐怖 膵臓がんリスクが上昇し2倍以上に

記事提供元:日刊ゲンダイDIGITALさま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-15
福岡県北九州市周辺にお住まいの皆さまへ【明日開催】2月16日(土)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

福岡県北九州市周辺にお住まいの皆さまへ

【明日開催】 
2月16日(土)歯のお悩み[無料]インプラント
赤煉瓦交流会館 1F 会議室A

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、福岡県北九州市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:2月16日(土)
時間:14:00〜
場所:赤煉瓦交流会館 1F 会議室A

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-15
歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?〈週刊朝日〉

2月11日のウェブニュースにて

歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?

という記事が紹介されました。

歯周病が恐ろしい病気の引き金になりうるということは、最近一般的にも知られてきています。特に糖尿病は多く、歯周病専門医の間でも、ひどい歯周病患者はまず糖尿病を疑ってみるということが常識になっているとも言います。

ほかにも、狭心症、心筋梗塞、関節リウマチ、早産なども歯周病が原因で起こる可能性が指摘されています。

こちらの記事では、これらの病気と歯周病の関係性や、簡単な歯周病チェックシートなども紹介されているので、ぜひ参考にしてみられて下さい。

記事はこちらから

歯周病が原因で心筋梗塞、狭心症、糖尿病、ED…怖い病気の「引き金」になるのはなぜ?〈週刊朝日〉

記事提供元:AERA dot. さま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-14
大分県日田市周辺にお住まいの皆さまへ【本日開催】2月15日(金)歯のお悩み[無料]インプラント相談会​

大分県日田市周辺にお住まいの皆さまへ

【本日開催】 
2月15日(金)歯のお悩み[無料]インプラント
日田市民文化会館 パトリア日田 1F 創作室

※資料のご請求はこちらまで

満足度アンケートにおいて、毎回、高い評価を頂戴しております
日本歯科情報センター(J-DIC・ジェイディック)主催の
歯のお悩み[無料]相談会が、大分県日田市で開催されます。

ご家族やご友人お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください。

【開催概要】
日付:2月15日(金)
時間:14:00〜
場所:日田市民文化会館 パトリア日田 1F 創作室

地図はこちらから

ご予約いただいておりますとスムーズにご案内できますが
当日直接ご来場いただいての参加ももちろん大丈夫です。
和やかな相談会ですので緊張なさらず、お気軽にお越しくださいませ。

※現在、歯科医院にかかられておられる方でも、
比較や判断材料の情報収集として、非常に有意義だと思います。

ご予約・お問い合わせは下記にて承ります。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム2019-02-14
給与所得者の確定申告、1人あたり平均8.5万円の還付金

2月12日のウェブニュースにて

給与所得者の確定申告、1人あたり平均8.5万円の還付金

という記事が紹介されました。

今年も確定申告の季節がやってきました。確定申告は会社にお任せという方が多いですが、自分でも確定申告をすることで還付金がもらえる可能性があります。

その中でも特に当てはまりやすいのが、医療費控除。

近年、ますます医療が進歩していて保険適用外の自由診療の治療も増えてきています。歯の矯正やインプラントも、美容目的以外で治療として必要とみなされた場合は医療費控除の対象になります。

矯正やインプラントは自由診療で決して安いものではありません。高い人は何百万も治療にかかる場合があります。
そのような高額な医療費の場合、思いのほか高額な還付金が戻ってくる可能性もあるので、心当たりのある方は調べてみてはいかがでしょうか。

記事はこちらから

給与所得者の確定申告、1人あたり平均8.5万円の還付金

記事提供元:マネーポストWEB さま
記事掲載元:Yahoo! JAPAN さま

一般社団法人 日本歯科情報センター(J-DIC)は 1988年に設立された歯科医療専門の情報機関です。 歯やお口のお悩みや、クリニック探しのご相談、 資料請求、お問い合わせは下記にて承ります。 お気軽にご相談くださいませ。

※資料のご請求はこちらまで

歯のコラム
2019-02-18
虫歯が疼いて、歯肉や顎まで腫れてしまった!放置しておくと、とんでもないことに・・・。
歯のコラム
2019-02-12
インプラントの人工歯って、たくさん種類があるけど、それぞれどう違うの?
インタビュー
2018-02-15
検査のときに質問した方が良いことってあるのでしょうか?
インプラント治療について
匿名希望 様 (55歳/女性)
「あなたの口の状態ではインプラント治療できない」と言われました。
長年歯科医院に通っています。かかりつけの歯科医院で
インプラント治療を相談したのですが
「あなたの口の状態ではできない」と言われ、入れ歯を勧められました。
もうあきらめるしか無いのでしょうか?
Copyright© 日本歯科情報センター All right reserved.